エミューオイルの方法もある新橋出張マッサージ

疲れ溜まっていてマッサージしてもらいたいが外出るのは面倒だといったことがあると思いますが、疲れがたまっていればホリスティックマッサージがいいでしょう。出張で江東区を訪れてる方はホテルで、または自宅で最大限リラックスできるところで疲れいやしたいといった要望かなえてくれます。そして体の芯からほぐれるよう解剖学に基づいた西洋的マッサージ、リンパマッサージを出張マッサージ提供しており、自分の自宅へ出張してその場でマッサージを堪能してくれます。ありがちな痛みがあるものではなく、経験豊富なセラピストが優しく筋肉ほぐしていく方法で、女性からも好評得ています。疲れいやす以外に腸セラピーなどデトックス系のオプションも定期的に行えて、ストレッチ、指圧など多彩なメニューそろっていて、お客様一人づつに合う方法が見つけられるはず。アロマオイル利用してるお店が多い中エミューオイルを使ってる店舗もあって、プロスポーツ選手愛用してるきんにく緩和効果もあり、昔から薬で大事に受け継いでる地域もあります。にきび、肌荒れ置きにくくてオイルが苦手な方も快適にマッサージを堪能できます。明日に備えて疲れをどうにかしたい人もデート前女性らしさ磨きたい方も是非これを利用してみてください。 

新橋の繁華街にひっそりとある烏森神社

新橋駅の西口の駅前には小さな神社がひっそりとあるのですが、訪れたことはありますか。
西口のSLの展示されている広場から、ニュー新橋ビルの裏手にまわります。雑居ビルが立ち並んでいる間の、狭い路地へと入って行くと、すぐに神社の鳥居が見えますが、烏森神社の鳥居は通常の鳥居の形をしておらず、角が生えたような奇妙な形状をしています。神社の参道はわりと長く伸びていて、竹垣で両側が仕切られているなど整備が行き届いています。
社殿も鳥居と同じような、とても変った形をしたコンクリートの建物です。拝殿の近くでは狛犬や花が飾ってあり、小綺麗な印象を受けます。
烏森神社の公式サイトによると、祭神主神は倉稲魂命(うがのみたまのみこと)で、生命を守って育て、商売繁盛、幸福守護、穢れを祓うといったご神徳があるとのことです。そして神社の相殿の神には天鈿女命(あめのうづめのみこと)・瓊々杵尊(ににぎのみこと)がおり、家内安全や福貴繁栄といったご神徳を得られるとのことです。
烏森という名前は、むかし新橋のこの土地にカラスの集まる森林があったことから名付けられています。創建されたのは天慶3年(940年)の昔のことで、平将門が反乱をおこしたときに藤原秀郷という人が戦勝を祈願したところ、白狐が白羽の矢を与えてくれて戦に勝利したことを記念して、社殿を建てたことに始まるということです。いまの神社の社殿はコンクリート製ですが、平安時代の昔からの由緒ある神社だったのですね。

ホームに戻る